2018年12月18日

昨日はブータンの建国記念日でした。
ブータンでは、お祭りやお祝いの日に
沢山の蒸し餃子のモモを作って振る舞う習慣があります。

モモは元々はチベットからブータンやネパールに広まったものとされています。
ブータンのモモはネパールの物のようにスパイスはあまり使われておらず、
お肉と玉ねぎに塩で味付けするシンプルな形がほとんどで
エゼなどのチリペーストをつけて食べるのがブータン式です。
種類はお肉のモモと、チーズとキャベツのチーズモモなどがあります。
最近はブータンの友人の話では、じゃがいものモモ、
ケワモモやエマダチモモなんて物あるそうです。

建国記念日にちなんでブータンのハ地方の名物、ヒュンテを作りました。
ヒュンテは、そば粉の生地でカブやエゴマの餡を包んだ蒸し餃子です。
ブータンではハ地方やブムタン地方など標高が高く、
かつてはお米が採れにくい地方ではそば粉が主食となっておりました。


FB_20181218.png


日本でも馴染み深いそばですが、
ブータンのそば粉は粗挽きで風味が強いのが特徴です。
是非、お試しください。


posted by ガテモタブンブログ at 11:24 | 日記
文章や画像の複製および無断転載を禁じます。
© GatemoTabum. All rights reserved.