2018年08月27日

最終日となってしまいました。
本当にあっという間の滞在でした…

お昼までティンプーに滞在という事で3代目国王様を祀ってあります
メモリアルチョルテンの周りをグルグル。
以前と雰囲気が変わって、芝でスッキリとした感じになっていました。
その周りにお花が綺麗に植えてあり巨大なマニ車は健在でした。


FB_20180827_1_1.png


そしてマーケットを見学して


FB_20180827_1_2.png


お昼はOGOPという物産店とレストランが併設されている所で食事しました。
こちらは眞子さまも訪問されたことがあるそうです。
OGOPはOne Gewog One Product の略で
Gewog(ゲオック)とは「郡」にあたる言葉で
OGOPは日本だと「一村一品」という意味にあたるそうです。
各地の特産品が集められて売っているようです。
パッケージングも綺麗にされていてお米や唐辛子やそば粉、
お茶や蜂蜜などの特産品や竹細工の民芸品などがおいてありました。

そしてその隣にレストランがあり、
この日はブムタンやハ地方などで有名なそば粉の料理が多く食べられました。
お米が主食のブータンですが標高が高くお米が採れにくい地域では
そば粉が主食になっています。
今回は、そば粉の皮で作った蒸し餃子のヒュンテ、そば粉のパンケーキのクレ、
そば粉のパスタというか焼きそばみたいなスタイルのプタなどがありました。


FB_20180827_1_3.png


日本では馴染み深い蕎麦ですが、
そば粉は割と粗挽きで日本の様につゆで食べる習慣はありません。
ですので日本人には少し違和感があるかもしれません。味は塩味です。
ブータンの料理は、基本の味付けは塩で、
そこに唐辛子あとは山椒や生姜やニンニクなどが
入ったり入らなかったりという物がほとんどです。
シンプルで素材の味という感じですが
唐辛子がほぼ必ず入っているという所がブータンの大きな特徴で旨辛料理ですね。

こちらでお昼をいただいた後、空港のあるパロへ。
そして夕方の飛行機で日本に向かいます。
今回、かつて訪れた事のない場所や初めての料理、
そして改めての発見など短い日程でしたが色々経験することが出来ました、
関係各位には本当に感謝申し上げます。
GNHトラベル&サービス様、
現地でガイドを担当してくれましたゲンポさんとドライバーのペマさん、
本当にありがとうございました!


FB_20180827_2.png


次は東ブータンに行ってみたいですね。
では。



posted by ガテモタブンブログ at 11:45 | 日記
文章や画像の複製および無断転載を禁じます。
© GatemoTabum. All rights reserved.